就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

就職の採用面接には様々な形式のものがありますが、その中で最も多いのがグループ面接です。基本的には2名以上の応募者と1人もしくは数名の面接官の間で行われます。特徴としては、多くの応募者同士を比較しやすく、集団の中での行動をチェックすることができることから、組織に属することに適した人選をしやすいという点があります。このグループ面接に臨むうえで心がけておくべきポイントとしては、比較されていることに対する意識を持つことです。よく他の応募者よりも低い評価をされないように目立とうとして喋りすぎたり、でしゃばり過ぎたりする人をよく見かけますが、目立つことが高い評価を得ることにはつながりません。

大切なのは集団の中での他人との協調性を保ちつつ、自分だけの個性を主張することです。これはなかなか難しいことですが、例えば、意見を言う時に他人の意見に左右されることなく、自分の意見を堂々と伝えるとともに、他の応募者の意見に対しても真剣に相づちを打つなどして、理解と共感を示そうとしている態度を見せるようにしましょう。また、自分の意見を言う際には、質問者の質問の意図を汲み取っていることを冒頭で伝え、自分の意見の根拠を分かりやすく伝えれば、面接官に良い印象を持ってもらいやすくなるでしょう。