就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

面接の時には挨拶にも気を抜かない

挨拶は面接の合否にも左右される時もあります。面接の時には気を抜かないで大きな声で挨拶をします。面接のはじめには面接をしていたく時間をいただいたお礼をします。感謝の気持ちは忘れない様に、この冒頭のお礼はまず印象を良くします。面接終了後にも再度お礼をします。面接の前後にはお礼は忘れずに行います。

面接後のお礼の時には、意志や意欲が高い事をアピールします。ぜひ次のステップに進みたい事を伝えるようにします。面接をした後には、名刺をいただける場合があります。お礼、感想、意欲を書いたメールをすぐに出します。お礼の手紙も滅多に出す人がいないので効果的で目立ちます。手紙が苦手な場合でもインターネットで検索すれば礼状の書き方は出てきます。内容も重要ですが、スピードはさらに重要です。面接をしていただいたその日に手紙を投函します。転職エージェントを利用した場合でも担当の方にお礼のメールを企業の面接していただいた方に転送してもらう方法もあります。

受付での挨拶も大切です。受付であった人、待っている時にあった人、部屋まで案内してくれた人など会釈や挨拶をします。面接官だけでなく、会社によっては受付や案内した人にも印象などを確認します。会社に入った時から面接は始まっています。