就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

就職のグループ面接を受ける時に心がけておくべきこと

面接では体型を見られることがあります

アメリカでは太っていることによって、社会的な信用が無いといわれています。そのために体型維持をするように、フィットネスクラブに通ったり、スポーツをしている人が多いです。日本の企業ではアメリカほどではないですが、面接の際に印象として太っている人は、マイナスなことがあります。もちろんそういったことは本人にいうことはありませんが、自覚をしていた方が面接の対策になります。まず就職活動をしようと思っている人は、自分の体型を見直して面接などに挑むことが、合格するキーワードになります。その他にも、体が弱そうな人も印象が悪いです。健康的な体を持っている方が、面接で受かりやすいので、体づくりもやっておくことです。

そういった体が弱そうな人というのは、病歴なども聞かれることもあります。病気を持っている人では、入社をして急に入院になったりすることがあるので、企業としては避ける要因になっています。しかし、そういった印象を取りはらうように、体を鍛えて弱そうな体に見えないように、努力することもできるのでやっておくことです。面接ではこういった様々な人間が訪れるために、見る目を養われています。嘘をつくことはもちろんだめですが、その場を取り繕わないように、しっかりと考えを言えるようにすることです。